MENU

双極性感情障害で障害共済年金3級が決定、年間約90万円受給決定した事例

相談者:男性(50代)在職中

傷病名:双極性感情障害

決定した年金の種類と等級:障害共済年金3

年金額:約90万円

〇相談時の状況

障害年金という制度は以前から知っていたけれど、自分の状態が年金受給に該当するのだろうかとお問い合わせをいただきました。在職中ではあるものの、体調は優れず休職を繰り返している状態とのことでした。

 〇相談時から請求までのサポート

症状は約10年前からあったものの、一度受診したきりで、しばらく治療をせずに過ごしていたとのことでした。数年前から症状が次第に悪化し、ようやく治療を始めたそうです。

何度も休職を繰り返したり、復職しても些細な事で落ち込んだり、「明日は仕事に行けるだろうか」と常に不安に襲われ、毎日が綱渡り状態であることをお聞きし、在職中ではあるけれど、かなり就労状態に制限があると判断しました。障害年金3級に該当する可能性があることをご説明し、障害年金の手続きを進めることになりました。

診察の際、なかなか医師に伝えることが出来ない、日常生活や就労の状況などをまとめたヒアリングシートを作成し、診断書記載にあたり参考資料として主治医にお渡ししました。 

〇結果

無事に障害共済年金3級が決定しました。

今後の生活や仕事にも不安を感じておられましたので、とても安心した様子でした。

障害年金は、病気によって日常生活や就労状況にどの程度支障が出ているかで受給の可否が決定します。ご不明な点があれば、是非専門家にご相談ください。

「精神」の記事一覧