MENU

うつ病で障害基礎年金2級が決定、年間78万円受給決定した事例

相談者:男性(50代)

傷病名:うつ病

決定した年金の種類と等級:障害基礎年金2級

年金額:約78万円

〇相談時の状況

ホームページをご覧になり、お電話をいただきました。

交通事故をきっかけにうつ病を発症し、20年以上通院を続けている方でした。

何年も前に自分で手続きをしたものの却下され、もう障害年金を受け取ることは

出来ないと長年思っていたそうです。しかし、仕事も出来ない状態が長く続き「藁にもすがる思いで」と、ご連絡をいただきました。

 

〇相談時から請求までのサポート

発症時から現在までの日常生活や就労状況、状態などを詳しくお伺いしました。

傷病の発症が交通事故である場合、通常の障害年金申請書類に加えて様々な書類が必要ですので、事故の経緯等も含めて丁寧にヒアリングをしました。

病歴が長く安定した就労が困難であることや御本人の状態から考えれば、障害年金受給の可能性があることをお伝えし、具体的な申請の準備に取り掛かりました。

以前申請した際の書類を年金機構から取り寄せ、まずは「何が原因で却下されたのか」を見極めるところから始めました。

診断書についても、今回の申請では現在の状態をしっかり記載していただくことが出来ました。

 

〇結果

障害基礎年金2級が決定しました。

二回目の申請が通らなかったら障害年金は諦めようと思っていたそうで、今回の受給決定には大変喜んでいらっしゃいました。

障害年金は一度却下されても、もう一度チャレンジすることも可能です。是非専門家にご相談ください。

 

 

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「うつ病」の記事一覧

TOPへ戻る