統合失調症で障害基礎年金2級が決定し、年間約78万円受給した事例

相談者:男性(20代)無職

傷病名:統合失調症

決定した年金の種類と等級:障害基礎年金2

年金額:約78万円

 

〇相談時の状況

 ホームページをご覧いただき、お母様からお問合せいただきました。

統合失調症の息子さんが、障害年金を受け取ることが出来るのかどうかという内容でした。 

〇相談時から請求までのサポート

 面談には、お母様と一緒に息子さんもおいでになりました。

症状は中学生の頃に発症し、治療を続けていてもずっと続いており、とても働ける状態ではなく今後の生活に不安を感じ、障害年金を申請したいということでした。

お話を伺うと、初診医療機関が既に廃院しており初診日を証明することが困難であることが分かりました。

障害年金申請にあたり、初診日を証明することはとても大切なことをご説明し、他に証明出来る書類なども一切無い状況だったため、「第三者による初診日の証明」を提案しました。第三者証明とはその名の通り、親族以外の第三者に初診日を証明してもらうことをいいます。当時の息子さんの様子を覚えているお母様のご友人二人が引き受けてくださり、無事にお二人分の第三者証明を書いていただくことが出来ました。

医師の診断書の元、病歴就労状況等証明書にも現在の状態を私がしっかり記載しました。 

〇結果

障害基礎年金2級が決定しました。

もし、障害年金が受給出来なかったら今後どうしたら良いのか不安を感じていたとのことで、決定した時にはとても安心されたご様子でした。

20歳になる前に傷病を発症した方は、20歳を過ぎれば障害年金を請求することが出来ます。

20歳前障害は原則的に保険料納付要件も問われませんので、「もしかしたら自分も」と思われる方はぜひ一度専門家にご相談下さい。

 

 

受給事例の最新記事

新着情報の最新記事

精神疾患(うつ病・統合失調症など)の最新記事

障害年金無料相談受付中! 048-423-2566 受付時間 平日 9:00~18:00 無料相談会予約受付中
無料診断実施中! 簡単1分受給診断 障害年金無料診断キャンペーン あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です 無料診断はこちら