右変形性股関節症で障害厚生年金3級、年間約60万円受給決定した事例

相談者:女性(50代)

 傷病名:右変形性股関節症

決定した年金の種類と等級:障害厚生年金3

年金額:約60万円

 〇相談時の状況

当ホームページの受給事例をご覧いただき、自分も障害年金の対象になるのでしょうかとお問合せをいただきました。

お電話をいただいた際には、これから人工関節置換術を受ける予定とのことでした。症状が発症し初めて病院を受診した時には厚生年金加入中であることから、手術後すぐに申請することによって障害年金を受給出来る可能性があることをご説明しました。

障害年金の申請はかなり複雑で一人ではとても出来そうにないと、申請をお任せしたいとのことでした。 

〇相談時から請求までのサポート

発症した時のことから、現在までの状態について詳しくヒアリングを行いました。

痛みを感じていたけれど、加齢によるもので誰でも同じと思っていたため病院を受診するつもりはなかったものの、娘さんから歩くときに横揺れがひどいと指摘されたことをきっかけに病院を受診したそうです。右変形性股関節症と診断され数回受診はしたものの、特に改善を感じなかったため途中で通院を止めたのですが、数年後痛みを強く感じるようになり専門医を受診した際、人工関節置換術を勧められたとのことでした。

まず、初めて受診した病院から初診日証明である受診状況等証明書を作成していただき、手術終了後すぐに現在通院している病院に診断書の依頼をしました。

手術前にしっかり準備をし、手術の翌月には年金事務所へ申請することが出来ました。 

〇結果

障害厚生年金3級が決定しました。

人工関節置換術を受けた方は、その事実をもって障害年金3級を受給することが出来ます。ただし、この事は未だに知らない方が沢山いらっしゃいます。

自分も当てはまるかもしれないと思った方は、是非ご相談下さい!

 

その他(人工透析・人工関節など)の最新記事

受給事例の最新記事

新着情報の最新記事

障害年金無料相談受付中! 048-423-2566 受付時間 平日 9:00~18:00 無料相談会予約受付中
無料診断実施中! 簡単1分受給診断 障害年金無料診断キャンペーン あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です 無料診断はこちら