双極性障害で障害厚生年金3級、年間約90万円決定した事例

 相談者:男性(40代)

 傷病名:双極性障害

決定した年金の種類と等級:障害厚生年金3

年金額:約90万円

 〇相談時の状況

ホームページをご覧いただき、ご本人からお問合せをいただきました。

15年程前から双極性障害を患い、これまで休職と復職を繰り返してきたけれど退職することが決

まり今後の生活に不安を感じていたところ、障害年金という制度があることを知りお電話をいた

だきました。 

〇相談時から請求までのサポート

詳しくお話を伺ってみると、責任のある仕事を任され、仕事に没頭するあまり次第に精神的に追い込まれるような感覚に陥り、ようやく仕事が落ち着いた頃、急に喪失感を感じ感情が混乱し出社することが困難になり、家族の勧めもあり病院を受診したところ双極性障害だと診断されたそうです。

何度も休職を繰り返し、復職しても仕事への意欲が持てず同僚や同期とも次第に距離を取るようになっていったそうです。退職は決まったものの、将来のことを考えると手が震えたり汗をかいたりと、かなり精神的に不安定なご様子を感じ障害年金受給の可能性があることを伝え、手続きを進めることになりました。

医師へ診断書を依頼する際には、出来るだけ医師に具体的な症状を理解していただけるように生活状況をまとめた資料を作成し、病歴就労状況等申立書の作成にあたっては現在の症状を正確に伝えるようにしました。 

〇結果

無事に障害厚生年金3級が決定しました。

ご本人はもとより、「家族も安心したようです」と感謝のお言葉をいただきました、

 

 

 

 

受給事例の最新記事

新着情報の最新記事

精神疾患(うつ病・統合失調症など)の最新記事

障害年金無料相談受付中! 048-423-2566 受付時間 平日 9:00~18:00 無料相談会予約受付中
無料診断実施中! 簡単1分受給診断 障害年金無料診断キャンペーン あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です 無料診断はこちら