うつ病で障害厚生年金2級、年間約130万円受給決定した事例

相談者:男性(40代)

 傷病名:うつ病

決定した年金の種類と等級:障害厚生年金2

年金額:約130万円

 

〇相談時の状況

ホームページをご覧いただき、ご本人からお電話をいただきました。

うつ病と診断されてから10年以上経過していましたが、無理をしながら何とか仕事をしていたそうです。ところが、徐々に仕事にも支障が出始め休みがちになってしまい、今後の生活を心配し障害年金の制度を見つけたとのことでした。

電車に乗ることにも抵抗があるとのことでしたので、最寄り駅の喫茶店まで伺い面談を行いました。

 

〇相談時から請求までのサポート

発症までの経過、それから現在までの就労状況や日常生活など、これまでの経過を詳しくヒアリングしました。

10年以上ずっと同じ病院に通院しているとのことでしたので、すぐに診断書の依頼をしました。ところが、出来上がった診断書を見ると症状があまり現れておらず、この診断書では障害年金の受給は難しいものでした。現に、その時点では「無理をしながらでも仕事が出来ている」という状態でしたので、医師の判断はそうならざるを得なかったのかもしれません。結果、不支給の結果となってしまいました。

それから一年後、再度お電話をいただきました。体調が悪化し、現在は休職となってしまったため再度障害年金の申請をしたいとの申し出でした。

現在の様子を詳しくお伺いし、診断書依頼の際には症状をしっかり伝えました。

 

〇結果

無事に、障害厚生年金2級が決定しました。それまで心配していたご本人も、とてもホッとした様子で安心していました。

一度障害年金の申請をして不支給の結果が出てしまうと、もう障害年金の申請は出来ないのではないかと思われる方が多いようです。

一度不支給であってもその後体調が悪化した場合、もう一度障害年金の申請をお考えになってはいかがでしょうか。是非ご相談下さい。

 

精神疾患(うつ病・統合失調症など)の最新記事

障害年金無料相談受付中! 048-423-2566 受付時間 平日 9:00~18:00 無料相談会予約受付中
無料診断実施中! 簡単1分受給診断 障害年金無料診断キャンペーン あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です 無料診断はこちら