うつ病で障害厚生年金3級が決定、年間約60万円受給決定した事例

相談者:男性(30代) 

傷病名:うつ病

決定した年金の種類と等級:障害厚生年金3級

年金額:約60万円

〇相談時の状況

ホームページをご覧になり、ご本人からお電話にてお問い合わせをいただきました。

「自分の症状で障害年金は受給できるのでしょうか」との内容でした。

医者に不信感があって、今は病院には通院していないとの内容でした。事情をよくお伺いする必要があると思い、最寄り駅の喫茶店で面談をすることになりました。

〇相談から請求までのサポート

うつ病の症状を発症してから今までの経過を詳しくヒアリングしました。うつ病発症後、しばらくは近所の病院に通院していたそうですが薬が合わず仕事に支障をきたすようになってきたことや効果を感じられなかったこと、同じ時期に次々とご家族が急に亡くなり天涯孤独となってしまった喪失感から病院に通院することすら出来なくなってしまったとのご事情がありました。

仕事も退職し、貯金を切り崩しながら引きこもった生活をしているとのことでした。

障害年金の申請には医師が記載した診断書が必要ですし、それよりも当然治療のために病院へ通院しなければいけないとお話をしました。

病院に通院開始後、まずは障害者手帳の申請から始め、3ケ月程経過した時点で医師に診断書の記載をお願いしました。

〇結果

無事に障害厚生年金3級が決定しました。

病院を探すところから始めたので、時間は多くかかりましたが、それでも医師に実態を分かっていただいてから診断書を記載してもらったことで良い結果となったのだと思います。

受給が決まった時に、何度もお礼の言葉をいただきサポートした私も本当に嬉しく思いました。

受給事例の最新記事

精神疾患(うつ病・統合失調症など)の最新記事

障害年金無料相談受付中! 048-423-2566 受付時間 平日 9:00~18:00 無料相談会予約受付中
無料診断実施中! 簡単1分受給診断 障害年金無料診断キャンペーン あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です 無料診断はこちら