左変形性股関節症で障害厚生年金3級が受給決定、約84万円を受給したケース

相談者:男性(50代)在職中

傷病名:左変形性股関節症

決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級

年金額:約84万円 遡及額:約110万円

〇相談時の状況

ご依頼者様からお電話でご相談がありました。

数年前から左股関節に痛みを感じるようになり治療をしても痛みは改善せず、1年以上前に人工股関節の手術を受けたとのことでした。

インターネットで調べているうちに、人工股関節が障害年金の対象傷病であることを知り、申請しようと何度も年金事務所に通たったものの、どう進めていいのか分からなくなったとの内容でした。

〇相談から請求までのサポート

初診医療機関から初診証明はすでに取得されていましたので、すぐに現在の主治医に診断書をお願いしました。

出来上がった診断書には、いくつか訂正をお願いする箇所がありましたのですぐに病院へ連絡し対応していただきました。

また、症状の発症から現在までの様子をヒアリングし病歴就労状況等申立書を作成しました。

〇結果

無事に障害厚生年金3級が決定しました。申請から1ケ月半でのスピード決定にご本人も驚いていました。決定されるまでは、ご本人も不安を感じておられましたのでとても喜んでいらっしゃいました。

人工関節をそう入置換した場合は、原則、障害厚生年金3級に該当します。

障害厚生年金は、初診日に厚生年金に加入していた方が対象となりますが、初診日に国民年金に加入していたからといってすぐに諦める必要はありません。

手術後の状態が日常生活に著しい制限を受けている方は、障害基礎年金2級に該当する可能性もあります。

ぜひ一度、専門家である社労士にご相談ください。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中! 048-423-2566 受付時間 平日 9:00~18:00 無料相談会予約受付中
無料診断実施中! 簡単1分受給診断 障害年金無料診断キャンペーン あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です 無料診断はこちら