広汎性発達障害で障害基礎年金2級が決定、約78万円決定した事例

相談者:男性(30代)無職

傷病名:広汎性発達障害

決定した年金の種類と等級:障害基礎年金2級

年金額:約78万円

〇相談時の状況

就労支援施設でセミナーを開催したことがきっかけで、お母様からご相談をいただきました。

ご子息の傷病で障害年金を申請しようと、ご自分で市役所の年金相談コーナーで何度か相談したものの自分で進めるのは無理だと思い、当センターにお問合せをいただきました。

〇相談から請求までのサポート

小さな頃から落ち着きがなく、忘れ物も多く衝動的に興奮してしまうなどの症状があったそうです。高校までは何とか卒業できたものの、その後就職しても長続きせず転職を繰り返していました。

病院に行くことを勧めても拒否していたので、初めて病院を受診したのは30歳を過ぎてからでした。そこで広汎性発達障害と診断されたとのお話でした。

面談をした時には、既に医師に障害年金用の診断書をご記載いただいた後でしたので診断書に不備がないかをよく確認したところ、いくつか訂正点がありましたのすぐに医師に依頼をしました。

また、幼少の頃からの様子を詳しくヒアリングし、病歴就労状況等申立書を作成しました。

初診から同じ病院に通っている場合は、初診証明である「受診状況等証明書」の添付は必要ありませんので、スムーズに申請をすることが出来ました。

〇結果

障害基礎年金2級が決定しました。

お母様は「もし自分に何かあったら」と息子さんの将来を大変心配されていましたので、障害年金の受給が決定し本当に安心したご様子でした。

障害年金は、経済的な不安を解消する役目をもっています。その安心はご本人のみならず、ご家族の安心であるとも言えます。障害年金を申請できる権利があれば、どなたでも申請が可能です。ぜひ一度専門家にご相談ください。

受給事例の最新記事

精神疾患(うつ病・統合失調症など)の最新記事

障害年金無料相談受付中! 048-423-2566 受付時間 平日 9:00~18:00 無料相談会予約受付中
無料診断実施中! 簡単1分受給診断 障害年金無料診断キャンペーン あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です 無料診断はこちら