軽度知的障害で障害基礎年金2級が決定、約78万円決定した事例

相談者:女性(20代)障害者雇用で就労中

傷病名:軽度知的障害

決定した年金の種類と等級:障害基礎年金2級

年金額:約78万円

〇相談時の状況

お母さまからお問合せをいただきました。

20歳になった娘さんの障害年金を申請したいとの内容でした。

ご友人から障害年金の話を聞き、自分も申請したいと色々と調べてみたものの一人では難しいとのご相談でした。

〇相談から請求までのサポート

お母さまと娘さんのお二人でご相談にお見えになりました。

お母さまのお話によりますと、小さな頃から発達の遅れを感じていたものの「この子はこういう個性なんだ」と、特に病院を受診することはありませんでした。

中学校に入学後、先生からの勧めで検査を受けたところ、「軽度知的障害」であることが分かったそうです。

高校は特別支援学校に通学し、高校卒業後はスーパーの品出しの仕事に就職が決まり、現在もお勤めされています。

知的障害は原則、出生日が初診日として扱われますので、通常必要となる初診日の証明は必要ありませんし、保険料納付要件も問われることがありません。

ただ、知的障害の方は、定期的に通院しているというケースが少ないため、まずは診断書を記載してくれる医師を探すことから始めました。

いくつかクリニック等をピックアップする中から地域の中でも評判の良い医院が引き受けてくださり、無事に診断書を記載いただくことが出来、手続きを開始してから1ケ月で申請することが出来ました。

〇結果

障害基礎年金2級が決定しました。

申請するにあたって、IQが知的障害と言われるには高めであったことや療育手帳がCであったことから障害年金が受給出来るか不安があったようですが、無事に受給が決定し喜んでおられました。

知的障害の認定基準では、「数値のみでは判断しない」と述べられており、また意思疎通や社会性の面、日常生活面にどの程度援助が必要なのかという視点など、総合的に判断されると記載されています。障害年金申請にご不安を感じていらっしゃる方は、是非一度ご相談ください。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中! 048-423-2566 受付時間 平日 9:00~18:00 無料相談会予約受付中
無料診断実施中! 簡単1分受給診断 障害年金無料診断キャンペーン あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です 無料診断はこちら