自閉症スペクトラム症で障害基礎年金2級が決定、約78万円決定した事例

相談者:男性(20代)無職

傷病名:自閉症スペクトラム症

決定した年金の種類と等級:障害基礎年金2級

年金額:約78万円

〇相談時の状況

ホームページをご覧いただき、お父様からお問合せいただきました。

自閉症スペクトラム症のご子息が、障害年金を受け取ることが出来るのかどうかという内容でした。

〇相談から請求までのサポート

面談をした時には、息子さんは20歳の誕生日を迎える一ケ月前であったため、すぐに申請というわけにはいきませんでしたが、初診日を確定するための受診状況等証明書の準備を考えれば丁度良いタイミングでのご相談でした。

20歳より前に発症した傷病については、「20歳前障害」といって、20歳になれば障害年金を請求することができるということをお父様はご存知なかったとのことで、本当にラッキーなタイミングだったと安心されていました。

初診は、小学3年生の時でおよそ10年以上前でしたが、医療機関に問い合わせたところカルテが残っていたため、無事に初診証明を書いてもらうことが出来ました。また、当時の主治医もご本人のことをよく覚えていらっしゃって、とても丁寧な書類を作成していただくことが出来ました。

診断書作成にあたっても、通院中のクリニックの相談員の方と連絡をとりながら進めることが出来、20歳の誕生日を迎えてから早いタイミングで申請をすることが出来ました。

〇結果

障害基礎年金2級が決定しました。

お父様は当初、ご子息の傷病で障害年金が受給できるのか半信半疑といったご様子でしたので、決定した時には安心されたご様子でした。

20歳になる前に傷病を発症した方は、20歳を過ぎれば障害年金を請求することが出来ます。

20歳前障害は原則的に保険料納付要件も問われませんので、「もしかしたら」と思われる方はぜひ一度専門家にご相談下さい。

受給事例の最新記事

精神疾患(うつ病・統合失調症など)の最新記事

障害年金無料相談受付中! 048-423-2566 受付時間 平日 9:00~18:00 無料相談会予約受付中
無料診断実施中! 簡単1分受給診断 障害年金無料診断キャンペーン あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です 無料診断はこちら