一般就労していて障害厚生年金3級に認定されたケース

相談者:男性(50代)

傷病名:双極性障害

決定した年金の種類と等級:障害厚生年金3級

年金額:約58万円

〇相談時の状況

現在は就労出来ているものの、これまでも病気が原因で転職を繰り返していたことから将来を不安に思い障害年金を申請しようと思ったそうです。

当初から専門家にお願いしたいと思っていたそうなのですが、どこの事務所でも「働いているから障害年金は無理」と断られしまい途方に暮れて、当事務所にご相談をいただきました。

〇相談から請求までのサポート

サポートするにあたり、現在の就労状況を詳しくお伺いしました。すると就労できていると言っても意欲の低下、不眠等の症状が強く、この時期には対人関係でも衝突を繰り返しており、職場での配慮無しには就労は難しい状態であることが分かりました。

障害厚生年金3級に該当する可能性があると考え、一緒に手続きを進めていくことにしました。

医師に診断書を依頼するときには、現在の就労状況や生活状況をしっかりとお伝えし何度か医師とやり取りをしながら診断書を丁寧に作成していただきました。

〇結果

無事に障害厚生年金3級が決定しました。

ご本人も、今後退職するかもしれないことに不安を感じておられたのでとても安心したご様子で、サポートをして本当に良かったと思いました。

お電話で、「働いているので障害年金は無理ですよね」という問い合わせが度々あります。

就労出来ていたとしても、その就労の状態や日常生活の状態によっては障害年金が受給出来る可能性があります。諦めずに、一度専門家にぜひご相談ください。

 

受給事例の最新記事

精神疾患(うつ病・統合失調症など)の最新記事

障害年金無料相談受付中! 048-423-2566 受付時間 平日 9:00~18:00 無料相談会予約受付中
無料診断実施中! 簡単1分受給診断 障害年金無料診断キャンペーン あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です 無料診断はこちら