先天性左変形性股関節症で障害厚生年金3級に認定されたケース

相談者:男性(50代)在職中

傷病名:左変形性股関節症

決定した年金の種類と等級:障害厚生年金3級

年金額:約85万円

〇相談時の状況

障害年金についてご自身でお調べになり、年金事務所へも何度も足を運びいざ書類を揃えてみたもののどう進めたらよいのかご不安になり、ご相談のお電話をいただきました。

〇相談から請求までのサポート

初診日が随分前であったことと病院をいくつも受診していたため、初診がいつで医療機関がどこなのかをしっかりヒアリングをして慎重に進めていきました。

主治医への受診状況等証明書の記載や診断書の記載についても注意すべき点などをお伝えし、しっかりとした書類を作成していただくことが出来ました。

〇結果

無事に障害厚生年金3級が決定しました。

決定までがとても早かったので、ご本人も驚いていらっしゃいました。

変形性股関節症により人工関節を挿入置換した場合には、障害年金3級に認定されます。

しかしながら、初診日が古い場合が多く初診日を確定できないというケースが多くあります。

初診日が分からないからと諦めるのではなく、ぜひ専門家にご相談ください。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中! 048-423-2566 受付時間 平日 9:00~18:00 無料相談会予約受付中
無料診断実施中! 簡単1分受給診断 障害年金無料診断キャンペーン あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です 無料診断はこちら