うつ病で障害厚生年金2級が決定し、約107万円受給した事例

相談者:女性(50代)無職
傷病名:うつ病
決定した年金の種類と等級:障害厚生年金2級
年金額:約107万円

〇相談時の状況

インターネットをご覧になりご本人からお電話をいただきました。

もともと接客業が好きで、長く接客業を中心にお仕事をされていましたが、転職をきっかけに職場での人間関係やいじめから、不眠や気分の落ち込みなどの症状が現れ上司に相談しても理解が得られず、症状は悪化する一方で精神科を受診したそうです。

お会いした時には休職中でしたが、今後退職となった時のその後の生活に不安を抱き障害年金を申請できないだろうかというご相談でした。

〇相談から請求までのサポート

お話をお伺いする中からも、時折涙ぐんだり、かなり不安定な様子が見られましたので、日常生活の不自由さを中心にヒアリングを行いました。

初診から現在までずっと同じ病院に通院されていましたので、すぐに主治医に診断書の作成をお願いしました。

依頼の際には、日常生活状況をまとめた資料を作成し、実態に即した診断書を作成していただくことが出来ました。

〇結果

無事に、障害厚生年金2級が決定しました。

今後の生活に不安を抱いていらっしゃったので、かなり安心したご様子で喜んでおられました。

精神疾患の場合、診察の際に日常生活の様子まで医師にお伝えする時間は無いとよく伺いますが、障害年金の診断書では日常生活の状態を記載する箇所があります。

普段からしっかり日常生活の不自由さを伝えておくことで、実態に合った診断書を作成していただくことが出来ます。

お伝えすることが困難な場合は、まとめた資料を作成することも有効だと思います。

受給事例の最新記事

精神疾患(うつ病・統合失調症など)の最新記事

障害年金無料相談受付中! 048-423-2566 受付時間 平日 9:00~18:00 無料相談会予約受付中
無料診断実施中! 簡単1分受給診断 障害年金無料診断キャンペーン あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です 無料診断はこちら