受給事例

右変形性股関節症で障害厚生年金3級、年間約60万円受給決定した事例

相談者:女性(50代)  傷病名:右変形性股関節症 決定した年金の種類と等級:障害厚生年金3級 年金額:約60万円  〇相談時の状況 当ホームページの受給事例をご覧いただき、自分も障害年金の対象になるのでしょうかとお問合せをいただきました。 お電話をいただいた際には、これから人工関節置換術を受ける予定とのことでした。症状が発症し初めて病院を受診した時には厚生年金加入中であることから、手
続きを読む >>

双極性障害で障害厚生年金3級、年間約90万円決定した事例

 相談者:男性(40代)  傷病名:双極性障害 決定した年金の種類と等級:障害厚生年金3級 年金額:約90万円  〇相談時の状況 ホームページをご覧いただき、ご本人からお問合せをいただきました。 15年程前から双極性障害を患い、これまで休職と復職を繰り返してきたけれど退職することが決 まり今後の生活に不安を感じていたところ、障害年金という制度があることを知りお電話をいた だきました
続きを読む >>

アテローム血栓性脳梗塞で障害厚生年金2級が決定、約200万円決定した事例

相談者:男性(50代) 傷病名:アテローム血栓性脳梗塞 決定した年金の種類と等級:障害厚生年金2級 年金額:約200万円  〇相談時の状況  ホームページをご覧いただき、お電話でお問合せいただきました。 障害年金の申請を考えているけれど、何から手を付けてよいか分からないとのご相談でした。また、脳梗塞により半身麻痺の状態のため自分で申請は困難なので依頼したいとのお電話でした。移動が容易で
続きを読む >>

うつ病で障害厚生年金2級、年間約130万円受給決定した事例

相談者:男性(40代)  傷病名:うつ病 決定した年金の種類と等級:障害厚生年金2級 年金額:約130万円   〇相談時の状況 ホームページをご覧いただき、ご本人からお電話をいただきました。 うつ病と診断されてから10年以上経過していましたが、無理をしながら何とか仕事をしていたそうです。ところが、徐々に仕事にも支障が出始め休みがちになってしまい、今後の生活を心配し障害年金の制度を見つ
続きを読む >>

両緑内障で障害基礎年金2級が決定、年間140万円受給決定した事例

相談者:女性(30代)  傷病名:両緑内障 決定した年金の種類と等級:障害基礎年金2級 年金額:約140万円  〇相談時の状況 知人から障害年金の対象になるのではないかと言われ調べてみたけれど、障害年金の仕組みや、自分が対象になるのかどうかも分からず困り果てているところ、当事務所のホームページが目に留まり、ご相談のお電話をいただきました。 症状をお伺いすると障害年金の対象になり得る状態
続きを読む >>

統合失調症で障害厚生年金2級が決定、年間110万円受給決定した事例

相談者:女性(30代) 傷病名:統合失調症 決定した年金の種類と等級:障害厚生年金2級 年金額:約110万円 〇相談時の状況 ホームページをご覧いただき、ご本人からお電話をいただきました。 統合失調症と診断されてから約10年経過し、障害年金という制度があることは以前から知っていたものの自分には当てはまらないと考えていたそうです。体調が悪化してしまい申請をお考えになり、何カ所か他の社労士
続きを読む >>

社会的治癒が認められうつ病で障害厚生年金2級が決定、年間で約140万円受給出来た事例

相談者:女性(30代)  傷病名:うつ病 決定した年金の種類と等級:障害厚生年金2級 年金額:約140万円 遡及額:約150万円 〇相談時の状況 ホームページをご覧いただき、お問合せをいただきました。 ご自分で色々調べてみた結果、初診医療機関では既に記録が残っておらず初診を証明することが出来ないことが分かり、障害年金を請求するのは諦めるしかないのでしょうかとの内容でした。 確かに初
続きを読む >>

後天性免疫不全症候群で障害厚生年金2級が決定、年間130万円受給決定し、約220万円遡及された事例

相談者:男性(30代)在職中 傷病名:統合失調症 決定した年金の種類と等級:障害厚生年金2級 年金額:約130万円 〇相談時の状況 自分の病名でも障害年金が受給出来るのかというお問合せをいただきました。 障害年金は病名ではなく、その病気によって日常生活や就労状況にどの程度支障が出ているかで受給の可否が決定することを説明し、後日面談の運びとなりました。 〇相談から請求までのサポート
続きを読む >>

くも膜下出血、水頭症で障害基礎年金1級が決定、年間約100万円決定した事例

相談者:女性(60代) 傷病名:くも膜下出血、水頭症 決定した年金の種類と等級:障害基礎年金1級 年金額:約100万円 〇相談時の状況 ご主人から事務所にご相談のお電話をいただきました。 奥様がくも膜下出血を患い、現在はほぼ寝たきりの状態であるが、障害年金を受給出来るのだろうかというお問い合わせでした。 ご自身も奥様の看病のため毎日病院に通っており自分で申請することは出来ないとのこと
続きを読む >>

人工肛門で障害厚生年金3級が決定し、遡及分約200万円、年間約70万円決定した事例

相談者:男性(60代) 傷病名:人工肛門 決定した年金の種類と等級:障害厚生年金3級 年金額:約70万円 〇相談時の状況 ご本人よりご相談のお電話をいただきました。 フルタイムで働いているものの数年前から人工肛門を造設しており、インターネットで障害年金の対象になると知り、自分で色々調べてみたものの内容がいまいち分からないということでご相談いただきました。 〇相談から請求までのサポート
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
障害年金無料相談受付中! 048-423-2566 受付時間 平日 9:00~18:00 無料相談会予約受付中
無料診断実施中! 簡単1分受給診断 障害年金無料診断キャンペーン あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です 無料診断はこちら